団体韓国人ゴルフ客の聖地、アティタヤ・ゴルフ&リゾートでプレーしてみた<2021年1月31日>

団体韓国人ゴルフ客の聖地、アティタヤ・ゴルフ&リゾートでプレーしてみた<2021年1月31日>

あの腐ったゴルフ場、元バンコク・ロイヤルGC、現アティタヤ・ゴルフ&リゾートはどうなっているのか? 噂では韓国人ゴルファーの聖地になったと聞いてるけど、、、ある日ふと、気になり知り合いを誘ってプレーして来ました。

バンコクから約80キロ、1時間30分前後のところ、ランジットとナコンナーヨックを結ぶ通りのクロン(運河)14の奥にゴルフ場はあります。すぐ近くにプライムゴルフCCウォーターミル・ゴルフ&ガーデンズがありますね。

1994年開業なので、約30年近く経ちました。このサイトでも紹介していますが、ドゥシタニホテルで華やかな会員募集が行われ当時の日系企業の錚々たる顔ぶれが1口40万バーツの会員権を、何口も購入したという話を聞きます。

まあ、出来上がったら悲惨なゴルフ場で、購入者一同『騙された・・』というマイナスからスタートした可哀そうなゴルフ場です。

私も開業数年後に一度行きましたが、ひどい管理で、すでに荒んだ感じが漂っており、これはダメだろうな~ 近所にあるプライムシティー(現プライムゴルフCC)と同じ運命を辿るかな、、、と思っていましたが、アウターリンクが通り、バンコクからもそれほど遠くない、ということで韓国資本が目を付けたのでしょう。今は、寒い時期に団体で押し寄せる韓国人ご用達のゴルフ場として、見事に復活しました。

当時18ホールでしたが、その後、新たなオーナーが9ホール(アリランコース)を追加、さらに今から2年ほど前に9ホール(ユーカリタスコース)を追加し36ホールになっていました。

ホテルに、大きな宴会場&レストラン、マッサージ店、大浴場なんかも追加されており、ここすべてで完結する、小さなゴルフリゾートです。

通常、11~2月と韓国が寒い時期に、越冬韓国人ゴルファーが団体で訪れるため、彼らの貸し切りとなり、タイ人や日本人など在住者がプレーする隙間はないのですが、去年から続くコロナの影響で、海外からの観光客が入国できないため、破壊力満点のプロモーション実施中です。

グリンフィー、キャディ、カートと茶店で使える100バーツのクーポン込みで1200バーツ! 土日の朝スタートでこの料金です! 安い、安すぎ。

まあ、こんなに安いからでしょうか、タイ人も朝から集まってきて、凄い数のプレイヤーです。ただ36ホールあるので、思ったほど混雑はしませんが、タイ人が大好きな6人打ちOKなコースですので、前の組が運悪く6人打ちだとハーフ3時間半確定です、涙。

この日、私は、マンゴーコースとフレンドコースをラウンド。もともとあった18ホールです。木も大きく育ち、一部、荒れた感じは残っておりますが、グリンフィーが1000~2000バーツの他の中級コースと比較しても、それほど遜色なく普通にラウンドできる状態です。グリーンは遅いですが、綺麗にメンテナンスされています。

いや、ホント、あの頃の面影がないほど立派なコースになりました。日本人の尻ぬぐいをしてくれた韓国人投資家の方、ありがとうございます!

レイアウトは、広くてまっすぐドカーンというがホールが多く、アンジュレーションも、ハザードの絡みも単調です。だからと言って我々アマチュアはまっすぐ打つことが難しいので、全然簡単ではありませんヨ。

遠目で見た感想ですが、アリランコース、ユーカリタスコースは木も小さく、芝付がイマイチな雰囲気もあります。

多くのキャディーさんが、ちゃんと教育されている感じですし、リーズナブルに楽しいゴルフしたいなら、ここに来ない理由がないです。あと500バーツ高くてもOK! 皆様の前の組に5人、6人打ちのグループが入らないことを祈っております!

ちなみに、私は3ヶ月ほどラウンドしていませんでしたが、この日は前半38! 年明け1回目のゴルフでいきなり70台か!! と緊張したのか、後半はドライバーのスライスが止まらず46といつもの調子に戻っていました。。。。

備考:アウターリンク昇降口からコースまでの途中の道路が結構混みます。事故も多いので気を付けてください。